interview

Interview 01 小谷 僚 Ryo Odani AIソリューション事業部
セールス
interview
interview
01

事業を初期フェーズから成長させていきたい

前職では基幹システムのクラウドサービスを提供する会社で、パートナー開拓を中心としたセールス業務に携わっていました。急成長する会社での仕事に大きなやりがいを感じていましたが、心のどこかで、いつかはもっと0→1に近いフェーズから事業に関わりたい、自身の仕事と会社の成長が直結するような環境でチャレンジしてみたいと感じていました。同じ業界で仕事をしていたこともあり、元々ジェナのことは知っていましたが、新しくリリースされたAIチャットボット「hitTO」に大きな可能性を感じ、自分が携わって事業を成長させてみたいという思いでジェナに入社しました。

02

セールスの仕事は提案だけではなく、仕組みを創ること

現在はAIチャットボット「hitTO」のセールスを担当しています。セールスはお客様への提案業務が中心となりますが、AIチャットボットの話を初めて聞くというお客様も多くいらっしゃるので、サービスの機能だけではなく、導入する価値をしっかりとお伝えするように心がけています。その中で、提案業務だけではなく、どのように事業や組織を成長させていくのかまで含めて考えられる、このフェーズならではの仕事に刺激とやりがいを感じています。代表の手塚との距離も近いので、事業の成長を加速させるために、どのような戦略や組織にしていくのか議論することも多くあります。マーケティング施策との連携などを含めたセールス全体のチーム作りも、これからご入社いただく方と一緒に取り組んでいきたいですね。

03

本気の仲間と一緒にビジネスができることが大きな喜び

ジェナは常に新しいことにチャレンジしてきましたが、トップダウンで何かを強制するスタイルではなく、個人の意見をとても大切にする文化。だからこそ、お客様の成功や会社の成長、事業の成長を信じて、自ら積極的に動くことがとても大切です。実現に向けて、社内でも熱く議論を交わすこともしばしばです(笑)。そんなメンバーと一緒に、純粋に会社や事業の成長にコミットして仕事ができることは本当に楽しいですし、自身の成長にも大きく繋がっています。

04

AIチャットボットのビジネス活用を当たり前に

AIチャットボットの市場はまだまだ成長中ですが、社会全体が働き方改革や生産性の向上に取り組む中で、これから本格的に大きくなっていくことを肌で感じています。その中で、ジェナはトップランナーとして市場を牽引していると自負していますし、新しい市場を切り開くことを大きなミッションと捉えています。急成長中で、やりたいことやチャレンジしたいことは山ほどありますので、裁量を持って仕事に取り組みたい、熱意を持った方のご入社を心からお待ちしています!

Discover
Discover