アプリの概要と企画の背景

トラックの集荷に伴い、敷地内では多くの待機時間や出荷待ち商品が発生しており、トラックの状態がわからないため、どのタイミングでどの商品を出荷すべきか、1日単位ではなく1時間単位で見れば、効率化されていない業務プロセスも多く、現場の方々の苦労がありました。
そこで、「敷地内におけるドライバーの待機時間の削減」「出荷順序の最適化」「出荷待ち商品面積の縮小」を目的として実証試験が行われ、敷地内に入ってきたトラックにBeaconCardを配布することで、トラックの状態を可視化し各ゲートポイント通過時に、ダッシュボード上にトラックのステータスを表示致しました。
どのトラックの商品を準備すれば良いか、現場にリアルタイムに共有しステータスログを保存することで、作業の効率化を検討することにつながりました。

OTHER WORKS