開発の背景

日本では野球ファンが高年齢化し、若年層が激減しており、若いファンの獲得が急務であった。そこで、COOLでFUNなデジタル施策によって、ジャイアンツと若者との間に新しい絆をつくり、10代を中心としたファンを増やしていくことを目指しアプリをリリースした。

アプリはリアルイベントの実施、若者向け深夜番組での取り上げ、ソーシャルメディアを通じて世の中に広がっていき、AppStoreスポーツ無料カテゴリで1位を獲得、会員獲得数が対前年比1,400%、ベースボールカテゴリー売上200%増と収益拡大に貢献された。

アプリの概要

アプリは「投げる、打つ、走る、守る」の野球に欠かせない4種類のプレーをデジタルゲームで体験し合計点を競い合うもので、シーズンを通じてベスト9の記録を出したファンにはリアルにジャイアンツキャンプへ参加が可能となる特典を設け話題化が図られた。

OTHER WORKS